田園都市線江田駅∥前立腺・尿失禁・生活習慣病など∥メタボ健診やミニドック等

お問い合わせは0459140051まで

医療設備のご案内

医療設備のご案内

当クリニックでは、患者様にリラックスして診断・治療を受けていただくための環境を整えるとともに、的確な診断、専門的な診療を行うための、最新の高度医療機器を取り揃えています。

  •  

    マルチスライスCT

    マルチスライスCTは、X線ではなかなか捉えられない病変を捉えることができます。当院のマルチスライスCTは、患者さんに優しい寝台設計で、間口も広く、お体の不自由な方や、ご年配の方にも安心して検査を受けていただけます。また、内臓脂肪測定ソフトウェアを備え、メタボリック健診の内臓脂肪測定検査も行うことができます。また画像ファイリングシステムも導入していますので、CTで撮影した画像をすぐに確認することができ、迅速な診断が可能です
  •  

    デジタルX線TVシステム

    当クリニックで採用したデジタルX線TVシステムは、患者さんに優しい最新の機能を備えています。寝台昇降機能によって、車椅子でご来院された患者さんが検査を受ける際にも、楽に移動ができます。また透視から単純撮影まで、高画質の画像をTVモニターで直ぐに確認できます。泌尿器科では、腹部を撮影し、尿路の異常などを診断します。
  •  

    超音波診断装置

    一般にいうエコー検査です。超音波とは、人間には聞くことができない高い周波数の音のことをいい、空気中は伝わりにくく、液体中は伝わりやすい性質があります。この性質を活かして、臓器の形を映し出し、疾病の診断を行います。腎臓、膀胱、前立腺、陰嚢、精巣などの疾病も、痛み無く診断することができます。エコー検査は、CTやX線と違い、放射線による被曝がありませんので、どなたでも安心して受けることができる最も安全な検査です。泌尿器科では、前立腺体積や残尿量の測定などにも用います
  •  

    内視鏡システム

    当クリニックでは泌尿器科の診療に用いる内視鏡、硬性膀胱鏡システムを備えています。膀胱や尿道に異常がないか直接観察するための検査です。超音波やエックス線検査と違って、直接に病変を観察することができます。
  •  

    TOTO製尿流量測定トイレ

    ※08年7月現在、全国の病院に7例・診療所に3例導入、神奈川県では初導入の尿流量測定機能付きウォシュレットです。普段のおトイレ感覚で、簡単に尿流量等を測定できます!!測定検査が苦手な方にもリラックスして測定いただけます。
    一般に、尿流量を測定する場合には、尿流量計が用いられます。患者さんにとっては、不便な装置であり、プレッシャーがかかって普段の排尿ができないといった問題点がありました。そこで、当クリニックでは、いつものトイレと変らない環境で、排尿することができる、トイレ一体型の測定装置「尿流量測定トイレ」(ウォシュレット付き)を導入しました。検査の際、トイレで普通に用を足す感覚で、リラックスして尿流量を測定できます。
  •  

    心電図検査

    心電図とは、心臓の電気刺激を記録することにより、心臓の機能が正常に働いているかどうかを調べるものです。仰向けに寝た安静な状態で測定します。両手首、両足首、胸部(心臓を取り囲むように6箇所)に電極をつけますが、痛みや苦痛はなく、数分で終わる簡単な検査です。不整脈や狭心症、心筋梗塞などの虚血性疾患の診断に有効な検査です。
  •  

    健診・ミニドックで使用する医療機器

    当クリニックでは、企業の入社時健診や、定期健康診断、ミニドックなどを行っています。こうした健診・ドックで使われる医療機器をご紹介します

    • 動脈硬化測定装置
    • 自動身長体重計
         測定数値がプリントアウトされます。メタボ関連数値も出ます!
    • 電子スパイロメーター
    • オージオメーター
    • 自動視力計
    • 全自動血圧計
    • 眼底カメラ
    • 眼圧計
  •  

    自動体外式除細動器(AED

    当クリニックの待合室には、AEDを備え付けています。